コーヒー気分

アイスコーヒー

暑い夏に飲むアイスコーヒーは、何とも美味しいですよね!涼しさを運んでくるような香りと風味にリラックスした気分になります。ホットばかりでなく、たまにはアイスコーヒーも楽しんでみませんか?ここでは、様々なタイプのアイスコーヒーについて紹介しましょう。

[ スポンサードリンク ]

アイスコーヒーの魅力

一口飲むと口いっぱいに広がる苦味とコク、そして強い香り…その余韻はしばらく続きます。コーヒーを冷たくすると、より苦味が際立ちますが、それを「アイスコーヒーは苦いだけ」と嫌う人が少なくありません。このアイスコーヒーの特徴は、魅力とも言えるでしょう。

美味しくするには?

アイスコーヒー

濃いめのコーヒーを氷で一気に冷やしたものが、アイスコーヒーになります。アイスコーヒーが苦手な人も美味しく飲めるようにするには“心地よい苦味にする”“苦味の中にも甘さを引き出す”ことがポイントではないでしょうか。お好みでガムシロップやミルクを加えると、幾分苦味が和らぎます。

どんなコーヒーを使う?

使うコーヒーはアイスコーヒー専用が好ましいですが、ホット用の豆を使ってもブラックで飲んだときにスッキリとした味わいが楽しめますよ。その場合、氷が溶けることを考えて、濃いものを選びましょう。フルシティローストまたはフレンチローストの豆の使用をおすすめします。

ペーパードリップ式アイスコーヒー

ペーパードリップで作る、美味しいアイスコーヒーを紹介しましょう。少し手間をかければ、味に違いが出てきます。

用意するもの

コーヒー:約15g(コーヒー1杯分あたり;一般的なスプーンで1杯半)、氷:適量、ドリッパー、ペーパーフィルター、コーヒーサーバー、大きめのグラス

入れ方

1. ドリッパー、コーヒーサーバーなどにお湯を入れて、あらかじめ温めておきましょう。
2. ペーパーフィルターをセットしたドリッパーにコーヒーの粉を入れ、約140ccのお湯を少しずつゆっくりと注ぎましょう。
3. グラスに氷を隙間なく入れ、抽出された濃いめのコーヒーを熱いうちに一気に注ぎ入れましょう。

水出しアイスコーヒー

水出しコーヒーの作り方を紹介しましょう。出来上がるまでに時間はかかりますが、作り方自体は簡単で、作り置きもできるので便利です。

用意するもの

コーヒー:約50g(コーヒー3杯分あたり;一般的なスプーンで3杯~3杯半)、冷水:約500cc、氷:適量、ドリッパー、ペーパーフィルター、コーヒーサーバー、大きめのグラス

入れ方

1. コーヒーサーバーにコーヒーの粉を入れて、粉が全体的に浸る程度の冷水を注ぎましょう。しばらくその状態で、コーヒーと水がなじむまで待ちます。
2. コーヒーと水がなじんだら、残りの冷水を全部加えて、そのまま冷蔵庫で8時間程度冷やしましょう。冷蔵庫に入れる前にかき混ぜないようにしてください。
3. コーヒーが抽出されたら、ペーパーフィルターをセットしたドリッパーに注ぎ入れ、粉を濾しましょう。
4. グラスに氷を隙間なく入れ、ろ過されたコーヒーを注ぎ入れましょう。少し多めに作って別の容器に移し替えておけば、2~3日は楽しむことができます。

市販のアイスコーヒー

アイスコーヒー

いくら簡単にできるとはいえ、やっぱり自分で作るのは面倒…という人には、ペットボトルや紙パックに入った市販のアイスコーヒーをおすすめします。メーカーごとに様々な種類のアイスコーヒーを販売し、味にこだわった本格派も数多くあります。ボトルコーヒーは甘いという印象を持っている人もいるかもしれませんが、現在は低糖、微糖、無糖と甘さの度合いも好みに合わせて選ぶことができます。お気に入りのボトルコーヒーを探してみてはいかがでしょう?

[ スポンサードリンク ]
基礎知識のカテゴリーへ
コーヒーと健康のカテゴリーへ
コーヒーの入れ方のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ