コーヒー気分

美味しく入れる道具

コーヒーを美味しく入れるためには、まず道具を揃える必要があります。ここでは、コーヒーを入れるための道具を紹介していきましょう。好みや使用頻度などに応じて、選んでみてくださいね。カフェなどで飲むのもいいですが、家で美味しいコーヒーを味わってみませんか?

[ スポンサードリンク ]

コーヒーメーカー

コーヒーメーカー

スイッチを入れるだけで、簡単にコーヒーができてしまうコーヒーメーカーは、ある程度の量のコーヒーをまとめて入れたいときなどに重宝します。最近では様々な種類のコーヒーメーカーが発売されていて、「浄水機能」「ミル機能」「蒸らし機能」など、便利な機能が満載です。中でも、美味しいコーヒーを作るためには“蒸らし”が重要なので、「蒸らし機能」が付いているコーヒーメーカーだと良いですね。

コーヒーミル

コーヒーミルは、コーヒー豆を粉状にするための道具です。家庭用のコーヒーミルは、大きく「電動タイプ」と「手動タイプ」の2種類に分けられます。

プロペラ式

プロペラ式は電動なので、簡単に素早く挽くことができます。あまり手間をかけたくない人や、一度に何杯分かまとめて挽いておきたい人に向いています。プロペラ式コーヒーミルの場合、慣れないうちは粉粒の大きさにバラつきが出ることもあるので、注意しなければなりません。手動タイプのコーヒーミルには、このプロペラ式のほか、臼式のものもあります。

臼式

手動タイプ

臼式は、ハンドルを回しながら手動で挽きます。 色々と凝ったデザインが多いので、ちょっとしたインテリアにも最適ですね。“コーヒー豆を挽く”という雰囲気を楽しみたい人にはおすすめです。臼式コーヒーミルを使うと粉粒の大きさは一定に保つことができますが、手動のためコーヒーカップ1杯分を挽くのに時間がかかります。

コーヒーサイフォン

コーヒーサイフォン

ボコボコ沸くお湯に、上下に行ったり来たりするコーヒー。そんな見た目にも楽しめるコーヒーサイフォンはガラス製の器具なので、コーヒーが作られる過程を実際に見ることができます。また、コーヒーサイフォンを使うときには、竹べらも必要になります。この竹べらは、コーヒーの抽出時に混ぜるために使うものです。ちなみに、コーヒーサイフォンの下の球状部分は「フラスコ」、上の筒状部分は「ロート」と言われています。火加減と混ぜ具合が、コーヒーサイフォンを上手に使うポイントとなるでしょう。コーヒー通を思わせるようなお洒落な雰囲気が魅力的です。

エスプレッソマシーン

エスプレッソマシーンは、エスプレッソコーヒーを作るための器具で、圧力をかけることで素早く抽出することができます。イタリアで愛飲されているエスプレッソコーヒーは、ちょうど良い苦味を濃厚な味わいが特徴的です。エスプレッソマシーンには、大きく分けて「直火式」と「電気式」の2種類あります。

直火式

直火式エスプレッソマシーンは、その名の通り直接火にかけて、蒸気圧を生じさせます。コーヒー豆と水を入れたら、火にかけるだけなので飲みたいときにいつでも本格派のエスプレッソコーヒーを味わうことができます。さらに、安い値段と持ち運びのしやすさも人気の理由ですね。

電気式

電気式エスプレッソマシーン

電気式エスプレッソマシーンには、電熱器でお湯を沸かして発生した蒸気を使う蒸気式や、ポンプで加圧するポンプ式、レバー操作によって加圧するレバーピストン式などがあります。その中でもレバーピストン式は、抽出具合を確認しながら調整できるということもあり、コーヒー好きの間では根強い人気を誇っています。ただ、操作が難しく、値段も高いものが多いです。

コーヒーフィルター

コーヒーフィルターも、美味しいコーヒーを入れるために忘れてはいけない道具の1つです。抽出されたコーヒーが、コーヒーフィルターを通ることでろ過されます。どんなコーヒーフィルターを使うかによって、コーヒーの味にも差が出ると言われています。主に「ペーパーフィルター」と「ネルフィルター」に分けられます。

ペーパーフィルター

ペーパードリップ式でコーヒーを入れる際に使う紙製のコーヒーフィルターです。使い方が簡単なので、一般的に広く使われています。使い捨てタイプのため、少し不経済と言えるかもしれません。

ネルフィルター

綿織物のフランネルで作られたコーヒーフィルターです。ネルフィルターで濾したコーヒーはペーパーフィルターを使ったものよりもクセがありません。また、洗って繰り返し使うことができます。

[ スポンサードリンク ]
基礎知識のカテゴリーへ
コーヒーと健康のカテゴリーへ
コーヒーの入れ方のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ