コーヒー気分

コーヒーの選び方

ティータイムや食後のひとときに、コーヒーを楽しむ人も多いでしょう。せっかくなら、美味しいコーヒーを飲みたいですよね。そこで、美味しいコーヒーの選び方を紹介していきたいと思います。最後まで美味しさを持続させるための保存方法も取り上げているので、併せてご覧ください。

[ スポンサードリンク ]

粉か?豆か?

コーヒーを買うときの選択肢の1つとして、粉にするか豆にするかが挙げられます。どちらの場合もメリット・デメリットがあるので、それを分かった上で、お好みのタイプを選びましょう。コーヒーを飲む頻度が多い場合は粉、飲むたびに挽いて香りを楽しむなら豆をおすすめします。

粉の場合

すでに挽いてある状態の粉は、ミル(豆を挽くための道具)を持っていなくても簡単にコーヒーを入れることができます。飲みたいときにすぐ入れられるのが、嬉しいですね。ただ、保存面では空気に触れる面積の多い粉は、豆よりも速く劣化してしまいます。


豆の場合

コーヒー豆

コーヒー豆は、自宅で挽くためにミルを用意するか、そうでなければお店で挽いてもらう必要があります。自ら挽くことを楽しむのであれば良いでしょう。豆の状態だと粉よりも、美味しさを長持ちさせることができます。


お店で買う

できるだけ品質にこだわり、美味しいコーヒーを選ぶには、コーヒーに関する知識の豊富なスタッフがいる専門店を見つけましょう。ここで、良いお店を見極めるポイントを紹介します。

ケースを確認

コーヒーの保存方法に気を配っているかどうかを確かめてください。計り売りのお店の場合、コーヒーを入れたケースをチェックしてみましょう。ケースが直射日光にさらされていないか、ケースが豆から出た油分や殻などで汚れていないか…などに着目します。

混んでいるお店で買う

いつもたくさんのお客さんがいて、人気の高いお店を選ぶことも大切です。そういったお店は、常に新鮮なコーヒーを置いているという目安にもなるでしょう。

オリジナルブレンドを買う

初めてのお店でコーヒーを買う際には、どれが美味しいのか分かりませんよね。そんなときは、オリジナルブレンドを試してみましょう。次回の購入時に、オリジナルブレンドを選ぶ基準にすると、もう少し苦めのもの…などと、好みの味を伝えやすくなります。

通販で買う

コーヒー豆

コーヒーはたまにしか買わないので、お気に入りものを自分の目で確かめたいという人は、直接お店に行って選ぶといいでしょう。ですが、コーヒーを飲む頻度が高くて毎日の消耗品となっているような場合には、いつでも好きなときに買うことができる通販をおすすめします。コーヒー購入においての通販の大きなデメリットとして、実際に香りを確認できない点が挙げられますが、いつも同じ種類のコーヒーを買うのなら問題ないでしょう。実物を確認できない代わりに、コーヒー豆や粉の画像を載せているところや、細かな説明などが書かれている通販サイトを選ぶといいですよ。注文の際には種類、煎り方、挽き方を間違えないように入力してください。

保存方法

コーヒーは酸素や高温、湿気などを嫌います。そのため、これらをシャットアウトできるところに保存しなければなりません。缶入りでも袋入りでも包装形態を問わず、空気に触れないようにしっかり封をした上で、密封容器などに入れて、日の当たらない暗くて涼しい場所や冷蔵庫などで保存するようにしてください。

賞味期限もしっかりチェック

パッケージに表記されている賞味期限をきちんと守るようにしましょう。開封してしまったら粉の場合は1週間~10日、豆の場合は1ヶ月くらいで飲みきるようにしてください。当然のことながら開封すると、賞味期限は短くなります。賞味期限が切れたコーヒーを飲んでも、健康に悪影響を及ぼすことはありませんが、香りがなくなったり、豆の油脂分が変化してしまい美味しくないのでおすすめできません。

[ スポンサードリンク ]
基礎知識のカテゴリーへ
コーヒーと健康のカテゴリーへ
コーヒーの入れ方のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ