コーヒー気分

レギュラーコーヒー

レギュラーコーヒーとは、インスタントコーヒーや缶コーヒーとは異なり、豆から直接抽出するコーヒーのことを言います。ここでは、使う道具ごとのレギュラーコーヒーの入れ方を紹介していくことにしましょう。道具によって、入れ方が少しずつ異なるので、注意してください。

[ スポンサードリンク ]

レギュラーコーヒーについて

レギュラーコーヒー

レギュラーコーヒーは、焙煎したコーヒー豆から抽出したコーヒーのことを指します。豆から直接抽出するので、新鮮かつ風味が良く、香り高いコーヒーができます。 コーヒーを抽出するにはペーパードリップ、サイフォン、ネルドリップなどの様々な方法がありますが、どの方法で抽出したかに関係なく、とにかく焙煎した豆を挽いて入れたコーヒーを「レギュラーコーヒー」と言い、インスタントコーヒーや缶コーヒーとは区別されています。

ペーパードリップの場合

ペーパードリップでのコーヒーの入れ方を紹介しましょう。とても手軽に美味しいコーヒーを入れることができますよ。

用意するもの

コーヒー:約30g(一般的なスプーンで3杯分)、ドリッパー、ペーパーフィルター、コーヒーサーバー、コーヒーカップ

入れ方

1. ドリッパー、コーヒーサーバー、コーヒーカップなどにお湯を入れて、あらかじめ温めておきましょう。
2. ドリッパーにペーパーフィルターをセットしましょう。フィルターは底と側面のシール部分を前後に互い違いに折って、ドリッパーに軽く押さえつけるようにし、隙間なくセットしましょう。
3. コーヒーをペーパーフィルターの中に入れましょう。このとき、真ん中のみを少しくぼませ、あとはできるだけ表面を平らにしてください。
4. フィルターに入れたコーヒーの真ん中から外側に向かって渦を描くように、お湯を注ぎましょう。一定の量のお湯を上から真っ直ぐ注ぐようにします。
5. 全体にお湯が行き渡ったら、手を止めて約30秒間蒸らしましょう。
6. フィルターの中のコーヒーが3分の1くらいになったら、またお湯を注ぎましょう。
7. ある程度の量のコーヒーが出るまで、蒸らしとお湯を注ぐ作業を繰り返しましょう。
8. 抽出されたコーヒーをコーヒーカップに移し、出来上がりです。

ネルドリップの場合

洗って繰り返し使えるネルフィルターを用いた、ネルドリップの方法を紹介しましょう。コーヒー本来の味を楽しめます。

用意するもの

コーヒー:約30g(一般的なスプーンで3杯分)、ネルフィルター、コーヒーサーバー、コーヒーカップ

入れ方

1. コーヒーサーバー、コーヒーカップなどにお湯を入れて、あらかじめ温めておきましょう。ネルフィルターはお湯に通し、固く絞っておきます。
2. コーヒーサーバーにネルフィルターをセットしましょう。できるだけコーヒーサーバーの形に沿うように、調節してください。
3. コーヒーをネルフィルターの中に入れましょう。このとき、真ん中のみを少しくぼませ、あとはできるだけ表面を平らにしてください。
4. フィルターに入れたコーヒーの真ん中から外側に向かって渦を描くように、お湯を注ぎましょう。一定の量のお湯を上から真っ直ぐ注ぐようにします。
5. 全体にお湯が行き渡ったら、手を止めて約30秒間蒸らしましょう。
6. フィルターの中のコーヒーが3分の1くらいになったら、またお湯を注ぎましょう。
7. ある程度の量のコーヒーが出るまで、蒸らしとお湯を注ぐ作業を繰り返しましょう。
8. 抽出されたコーヒーをコーヒーカップに移し、出来上がりです。

サイフォンの場合

演出効果抜群のサイフォンを使った、コーヒーの入れ方を紹介しましょう。飲むときだけではなく、コーヒーができる過程も楽しんでください!

用意するもの

コーヒー:約30g(一般的なスプーンで3杯分)、サイフォン一式、竹べら

入れ方

1. まず、乾いた布でフラスコの表面についている水滴などをよく拭き取りましょう。そして、ろ過器にお湯に通して固く絞ったネルフィルターをセットしましょう。
2. フラスコに必要な分のお湯(コーヒー3杯分で約480cc)を入れ、アルコールランプにかけて沸かしましょう。
3. ロート(上部の容器)に、コーヒーを入れましょう。
4. お湯の沸き加減をチェックし、完全に沸騰したら火から離しましょう。沸騰がおさまってから、ロートをフラスコに差し込んでください。
5. ロートにお湯が上がりきってから、竹べらで全体的に軽くかき混ぜましょう。さらに約30分熱して、またかき混ぜます。
6. ランプの火を消し、コーヒーが全部ロートからフラスコ内に落ちるまで待ちましょう。
7. 抽出されたコーヒーをコーヒーカップに移し、出来上がりです。

[ スポンサードリンク ]
基礎知識のカテゴリーへ
コーヒーと健康のカテゴリーへ
コーヒーの入れ方のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ