コーヒー気分

コーヒーでダイエット

みなさんは、コーヒーダイエットを知っていますか?以前、テレビや雑誌などで特集されて話題になったダイエット方法です。コーヒーは、健康的に痩せる手助けをしてくれます。ここでは、コーヒーを使ったダイエットについて紹介していくことにしましょう。

[ スポンサードリンク ]

カロリーはほとんど無い

砂糖やミルクを入れないブラックコーヒーなら、約4キロカロリーとほぼ無いに等しいことになります。ダイエット中は、ジュースや乳性飲料などはカロリーが気になって飲むことができない…という人も多いのではないでしょうか。そんなダイエット中の人もノンカロリーのコーヒーならば、安心して飲むことができます。

添加物もゼロ

コーヒー豆

カロリーがほとんど無いということは、添加物も入っていないことになります。レギュラーコーヒー、インスタントコーヒーともに保存料や香料、着色料などは一切含まれていません。そのため、コーヒー豆本来の味と香りが楽しめます。


健康的にやせる!

コーヒーに入っているカフェインを毎日摂取することで、健康的にダイエットができます。健康的にダイエットするためには、できれば砂糖やミルクを入れないほうが望ましいですね。

交感神経がポイント

そもそもダイエットには、交感神経が大きく関わっていて、体重や体脂肪の量をコントロールする働きを持っています。なので、交感神経がしっかり働いていれば、急激に体重が増えることはないシステムになっているのです。コーヒーの成分がそのシステムに働きかけると言います。コーヒーを飲んで、交感神経の働きを良くし、ダイエットに役立てていきましょう。

注目の栄養素!

コーヒーに含まれるダイエット栄養素として注目されているのが、クロロゲン酸です。【コーヒーの成分】のページでも取り上げているように、クロロゲン酸はポリフェノールの一種です。コーヒーのほか、ごぼうやサツマイモ、ナスなどにも含まれています。 クロロゲン酸は好き嫌いが激しかったり、食事の時間が定まっていなかったりと乱れた食生活をしている人や、運動不足の人にピッタリです。もちろん健康維持だけではなく、美容のためにもクロロゲン酸をおすすめしたいです。クロロゲン酸は継続的に摂取することで、キレイにダイエットすることができる、優れた成分なのです。

ダイエットの方法

具体的なダイエット方法を見ていきましょう。コーヒーに何か特別なものを入れるなど、そういったことをする必要はありません。ただ、量や回数、時間帯などに気をつけながらブラックコーヒーを飲むだけです。ここで、コーヒーを使ったダイエットのポイントを紹介しましょう。

浅煎りで!

砂糖やミルクを入れなくても飲みやすくするためには、浅煎りコーヒーをおすすめします。また、エスプレッソなど深煎りの場合、ダイエット成分のクロロゲン酸が減ってしまうので、浅煎りコーヒーのほうが適しています。

1日3~5杯が目安!

ほっと一息

もし飲めるのであれば、1日5杯を目安にしましょう。それが無理なときは、3杯程度でもいいです。くれぐれも体調が優れないときなどは、1杯の量を少なめにするなどして、無理なく続けてください。


ツナサンドと一緒に!

モーニングセット

ツナサンドをコーヒーのお供にすると良いと言われています。カフェインとツナに含まれているアルギニンという成分を一緒に摂取することで、ダイエットにつながると言われています。


飲んだら運動!

スポーツなどをする際には、その前にコーヒーを飲むように心がけましょう。また、普段からコーヒーを飲んで30分くらい経ったらストレッチなど軽い運動で構わないのでするようにしてください。健康的なダイエットしたいなら、毎日の運動が欠かせません。

[ スポンサードリンク ]
基礎知識のカテゴリーへ
コーヒーと健康のカテゴリーへ
コーヒーの入れ方のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ