コーヒー気分

コーヒーの歴史

ほっと一息つくときのお供に欠かせない嗜好品として、世界中の人に親しまれているコーヒーは、一体いつ頃から人々に飲まれるようになったのでしょう?コーヒーを知る上で、その歴史を探ることが大きな鍵となります。コーヒーの発見から普及までの歴史を紹介していくことにしましょう。

[ スポンサードリンク ]

エチオピアが発祥の地?!

コーヒー発祥にまつわる説は、数多くのものがあります。その中でも一番有力と思われるのが、レバノンの言語学者ファウスト・ナイロニの「眠りを知らない修道院」(1671年)という本に書かれているエチオピア起源説になります。

ヤギ飼いカルディのお話

アビシニア(現在のエチオピア)に、カルディという名のヤギ飼いがいました。ある日、カルディは自分が世話をしているヤギが牧草地に生えている低木の実を食べると、興奮状態に陥ることに気がつきます。そこで、近くの修道院で話をすると、院長も不思議に思って自ら食べてみることにしました。その実の煮汁を飲んでみたところ、気分が爽快になっていくではありませんか!驚いた院長は、他の修道僧にも飲ませることに…。すると、すぐに効果があらわれ、夜の儀式の際にも居眠りする僧は誰もいなくなりました。

世界初!コーヒーに関する文献

コーヒーに関する歴史の1ページとして、“文字による記録”が挙げられます。それは、医師たちによって書き残されたもので、コーヒー飲み物としてだけでなく、薬としても注目されるきっかけとなりました。

ラーゼスによる記述

900年頃、アラビア人の医師ラーゼスが「アル=ハーウィー」という医学書の中で「ブン」と呼ばれるコーヒーの木から採れる果実と汁の効能について述べています。実際に彼は、コーヒーの種子の煮汁を自分の患者たちに飲ませたとも言われ、それにより“コーヒーには消化、強心、利尿作用の効果が明らかになった”と書き記されています。 これが、世界初の最も貴重なコーヒーに関する文献とされています。

アヴィセンナによる記述

医師であり、ペルシア(現在のイラン)を代表する知識人と言われたアヴィセンナはコーヒーの具体的な飲み方を書き記した上で、“身体各部を強化し、皮膚を清めて湿りを取り去り、香りを生む”と、効能についても述べています。

ヨーロッパでの普及

コーヒーが人々の間で普及し始めたのは、10世紀初頭と考えられています。ですが、当時はまだ、今のようにコーヒーを普通の飲み物とする考えはなく、薬として飲まれていました。一般庶民に手の届く代物ではなく、長い年月に渡り、 イスラム教寺院内で守られてきたと言います。ヨーロッパで普及したのは、もっと後のことです。

コーヒー人気の始まり

ビルの風景

13世紀頃に、コーヒーの存在は一般信者へと知れ渡り、豆を煎って飲むようになりました。こうして、コーヒー人気が広まりを見せる中、14世紀半ばにはコンスタンティノープル(現在のトルコ・イスタンブール)に「カーネス」というコーヒー店が初めてオープンしました。

世界各地への広がり

15世紀、コーヒーはヨーロッパに上陸しました。イタリアのローマでは、コーヒーに洗礼を施し、人々が口にできる飲み物として受け入れたと言います。さらに、イギリスやフランスでは数多くのカフェが作られ、そこは上流階級の人々がコーヒーを味わうためだけの場ではなく、新しい文学や芸術などの誕生の場でもありました。こうして、コーヒーは世界中に広まっていったのです。

日本にはいつ伝わった?

ヨーロッパを中心に広がりを見せたコーヒー人気は日本にも伝わり、江戸時代初期に長崎・出島に設立されたオランダ商館に持ち込まれたのが最初だと考えられています。ところが、当時の日本は鎖国の真っ最中だったということもあり、西洋文化の1つであるコーヒーはまったく普及しませんでした。

外国との交流

コーヒー

明治時代の半ばから、やっとコーヒーが人々の間で本格的に普及し始めました。明治時代は外国の文化を積極的に取り入れ始めた時期でもあり、洋食やコーヒーを口にする機会が増えていったのです。けれど、それでもコーヒーが高級な飲み物ということに変わりはありませんでした。


安いコーヒー

大正時代になり、いくつもの喫茶店がオープンし、多くの文化人や知識人がそこに集うようになりました。しばらくして一般庶民にはまだ敷居の高い店ばかりの中で、安い値段と親しみやすい雰囲気の「カフェ・パウリスタ」がオープンしました。その店が一般の人たちに大ヒット!全国に支店が作られ、それが日本のコーヒー文化に拍車をかけました。 今では様々な種類が出回り、日本人にとってお馴染みの飲み物となっています。

[ スポンサードリンク ]
基礎知識のカテゴリーへ
コーヒーと健康のカテゴリーへ
コーヒーの入れ方のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ