コーヒー気分

人気のコーヒーショップ

全国各地には、様々な人気コーヒーショップがあります。自宅で過ごすカフェタイムもいいですが、たまにはコーヒーショップでいつもとは違う雰囲気を味わってみるのも良いものです。ここでは、コーヒーショップでの過ごし方を含め、人気のコーヒーショップTOP3を紹介しましょう。

[ スポンサードリンク ]

コーヒーショップでカフェタイム

友人同士

休日、自宅でまったりとカフェタイムを過ごすのもいいですが、天気の良い日などは散歩がてら近所のコーヒーショップに行ってみるのもいいのではないでしょうか。自宅とは違うコーヒーショップならではの優雅な時間を楽しむことができます。コーヒーを飲みながら外の景色を楽しんだり、読書をしたり、書き物をしたり…。コーヒーを自由におかわりできるお店も多くあるので、嬉しいですね!みなさんも、ぜひコーヒーの香りに包まれながら、自分だけの時間を過ごしてみませんか?

スターバックス

世界的に有名なスターバックスは、1971年にアメリカ・シアトルで開業したコーヒーチェーン店です。それから15年後の1986年、エスプレッソを中心にテイクアウトと、飲み歩きができるスタイルでの販売を開始しました。それがキッカケで、“シアトル系コーヒー”は北米へも広がっていったのです。今では約30カ国…世界規模で展開しています。

シアトル系コーヒーとは?

浅く焙煎したコーヒー豆を用いたアメリカン・コーヒーではなく、イタリアでよく飲まれるエスプレッソにアレンジを加えたものをシアトル系コーヒーと言います。

日本への進出は?

スターバックスが日本で進出したのは、1996年のことです。東京・銀座の松屋通り店が第1号店となりました。お洒落で都会的なショップの雰囲気が人気を呼び、さらには全席禁煙、オープンテラスが併設されるなどしたことから、スターバックスは日本におけるカフェブームの火付け役と言えるでしょう。

ドトール

ドトールはコーヒーチェーン店として、国内最大級の店舗を持っています。コーヒー豆の焙煎・加工、卸売り販売をはじめ、飲食店の経営、フランチャイズ事業などを行っています。また、セルフコーヒーショップの草分け的存在でもありますね。全店自社焙煎という点がドトールの特徴の1つと言えるでしょう。もともとは1962年に東京都・港区で焙煎会社として設立したのが始まりで、ドトールコーヒーショップとしての1号店が1980年、原宿にオープンしました。

落ち着く空間

コーヒーの美味しさはもちろんですが、ドトールの魅力としては店内の落ち着いた雰囲気が挙げられます。客層はスターバックスよりも高めで、1人でも行きやすいと思います。ノートパソコンを持ち込んでの仕事、読書、勉強などにも適した環境です。


エクセルシオール

エクセルシオールは、ドトール発のカフェチェーン店で、1999年に東京都・港区に誕生しました。正しくはエクセルシオール・カフェと言いますが、「エクセルシオール」という呼び名で多くの人に親しまれています。このエクセルシオールはドトールのワンランク上を目指しているため、料金設定も少し高めになっています。

こだわりのマグカップ

レギュラーコーヒーをはじめ、カフェラテやカプチーノなどが入れられるマグカップに、エクセルシオールのこだわりが見受けられます。口当たりや持ち手の設計など細部に至るまで、“使いやすさ”を追求しています。ボーンチャイナと呼ばれる最高級の磁器が使われています。主に牛の骨灰から作られているボーンチャイナは、古くからイギリスをはじめとするヨーロッパ各国の王室で使い続けられています。

※人気のコーヒーショップは色々ありますが、上記の3店舗は2009年の人気コーヒー店を決定するあるアンケート調査で、上位になったショップを取り上げています。

[ スポンサードリンク ]
基礎知識のカテゴリーへ
コーヒーと健康のカテゴリーへ
コーヒーの入れ方のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ