コーヒー気分

砂糖やミルクのこと

コーヒーは飲みたいと思うけれど、ブラックコーヒーは苦手…という人も多いのではないでしょうか。そんな人は、コーヒーに砂糖やミルクを少し加えるだけで、美味しく飲むことができるようになります。ここでは、コーヒーの味を引き立てる砂糖やミルクについて紹介しましょう。

[ スポンサードリンク ]

砂糖の種類

砂糖にも、様々な種類があります。それぞれ味に特徴があるので、自分の口に合うものを色々試してみましょう。

グラニュー糖

グラニュー糖

グラニュー糖は一般的に使われている砂糖で、カフェにも置かれていますし、スティックシュガーなどにもよく用いられています。サラサラして、あっさりとしたクセのない甘さが特徴的です。


角砂糖

角砂糖

グラニュー糖などに濃厚糖液を加え、四角く圧縮したものが角砂糖で、これもカフェなどでよく使われています。最近では1人分が可愛くラッピングしてあるものや、サイズも大小様々なものなど、目にも楽しい角砂糖が増えています。


ガムシロップ

ガムシロップ

普通の砂糖を水で煮詰めたガムシロップは、アイスコーヒーなどの冷たい飲み物によく使われています。すぐに溶け、あまり甘くないのが特徴です。


コーヒーシュガー

氷砂糖にカラメルを加えたコーヒーシュガーが、その名の通りコーヒーに最適な砂糖です。ゆっくりと溶けていくので、時間ごとに異なった味わいが楽しめます。

ブラウンシュガー

ミネラルを多く含むブラウンシュガーは、上白糖やグラニュー糖にカラメルを加えた砂糖です。濃厚でコクのある甘さと、独特の風味が人気を呼び、最近の健康ブームとあいまって注目を集めています。

その他

コーヒーに入れられる甘味料は、砂糖だけではありません。他に、ダイエット甘味料やハチミツなどが挙げられます。カロリーを気にしている人などには、おすすめです。ただ、こういう甘味料はクセがある場合が多く、好き嫌いが分かれます。

コーヒーと砂糖の相性

コーヒー

砂糖にも色んな種類があること、分かってもらえましたか?できればコーヒーに入れたときに、一番おいしさが引き出される砂糖を使いたいですよね。上の項目の中で、一番コーヒーとの相性が良いと思われるのは、グラニュー糖になります。グラニュー糖はクセのない甘さで、コーヒーにも溶けやすいため、香りや風味を壊さずにコーヒーを楽しむことができます。とは言っても大量に入れてしまうと、せっかくのコーヒーが台無しになってしまうので、コーヒー本来の味を引き出すには“砂糖は少なめ”を心がけましょう。

ミルクの種類

砂糖と同様、ミルクにも様々な種類があります。各特徴に応じて、使いわけてみるのも良いかもしれませんね。

液体クリーム

ホットコーヒー

カフェなどによく置かれているのが小さな容器に入った液体クリームで、植物性と動物性のものがあります。植物性タイプはあっさり、動物性タイプは濃厚な味わいが特徴的です。コーヒーにも溶けやすく、滑らかな舌触りで多くの人に好まれています。

粉末クリーム

“生クリームをパウダーへ”そんな考えから生まれた粉末クリームは、コーヒー以外に紅茶などに入れてもいいですね。そのままなめても美味しい粉末クリームは、まろやかな風味とコクが人気の秘密です。

牛乳

牛乳

そもそもミルクは日本語で「牛乳」という意味になります。コーヒーとの相性の良さは、誰もが知っているでしょう。牛乳を加えることで、コーヒーのバリエーションも広がり、色んな味を楽しめます。


コンデンスミルク

砂糖を加えた牛乳を濃縮してできるコンデンスミルクは、強い甘さがあるため、日本ではコーヒーに入れるものとしてはあまり馴染みがないかもしれません。ベトナム式コーヒーによく使われています。

ミルクでコーヒーを楽しむ

コーヒーの濃さによっても、それに合うミルクは異なります。また、入れるミルクの量によってもコーヒーの味が変わってきます。 コーヒーの風味を損なわない コーヒーによく溶ける フェザリング(コーヒー上に羽毛状の固まりができる現象)を起こさない これが、コーヒーに合うミルクの条件です。これらを念頭におき、好みのミルクを選んでみましょう。

[ スポンサードリンク ]
基礎知識のカテゴリーへ
コーヒーと健康のカテゴリーへ
コーヒーの入れ方のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ